カートをみる マイページへログイン 当サイトご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

酒造りへの想い


■ 酒造りへの想い


(有)板野酒造場のホームページへようこそいらっしゃいました。
板野酒造場の酒蔵では2000年の仕込みから杜氏さんがこられなくなりました。
そこで、この仕込みから私ゴンザレスが酒造りをしていくことになりました。
私は学校を出てから、滋賀県甲賀郡の蔵元さんで酒造りの修行をしました。
その後、岡山に帰って家の杜氏さんについて酒造りを学びました。
どちらの杜氏さんも但馬流(兵庫県の北のあたり)でしたので、ゴンザレス も但馬流です。
今も、”端麗辛口の酒を”と言われる方は多いみたいですが板野酒造の”きびの 吟風”
心のこもった味わいのあるお酒を目指して造って参りました。
これからも誰がなんと言おうと、きびの吟風の味を守っていきたいと思っております。
(それが地酒の良さだと思います。) 酒造りは多くの工程があります。
その工程は一つ一つが完成品であり、少しでも手を抜くとそれは間違いなくお酒に現れます。
その酒造りの一つ一つ を心をこめて大切に大切に醸していきたいと思っております。
お客様に「この酒はうまい。」と言って飲んでいただいた時、本当にうれしいです。
これからも、より多くの客様にそう言って頂けるようがんばっていきたいと思います。
マスター



■ 酒造り体験

こんにちは酒蔵見学にようこそいらっしゃいました。
ゆっくり見て行ってつかあさい。


 
酒造りの概要
酒造りは、それ自体のアルコール度数が二十度にもなる世界に類を見ない醸造技術です。 その仕込み方は、”三段仕込み”という長い歴史によって培われてきた日本独自の仕込み方です。 また、日本酒の仕込み方は、洗米、蒸、麹造り、もと造り、仕込み すべてが完成品であり、一つでも気を抜くとそこから後はすべてが崩れてきます。 日本酒の仕込みは、日本が世界に誇る伝統文化です。
洗米、浸漬
これは米洗いの様子です。 毎年気候が違い、またお米の出来具合も違うため同じお米でも毎年浸漬時間を変えなくてはなりません。この浸漬具合は後々の行程に大きな影響を及ぼします。
日本酒通販酒蔵グルメ仕込み蒸し米
蒸きょう
これは蒸米の様子です。 板野酒造では、昔ながらの甑でお米を蒸しています。ココで蒸したお米は、麹造りとお酒の仕込みに使われます。お米の蒸しあがり具合が麹造りとお酒の仕込みに大きく影響してきます。
日本酒通販酒蔵グルメ仕込み?造り
麹造り
麹造りの様子です。 お酒造りは昔から、一麹、二もと、三造り、といわれ、麹造りは酒造りの要です。麹の出来がお酒の出来に大きく影響します。
日本酒通販酒蔵グルメ仕込みモト造り
 
もと造り
写真はもとの醪を写したものです。 ココは、酵母を純粋に培養する行程です。ココで2週間ぐらい酵母は培養されます。純粋で元気な酵母を育てることが後々の仕込みにとって大切です。
日本酒通販酒蔵グルメ仕込み放冷
放冷
写真は、お米を仕込みのできる温度まで冷やす放冷の作業の模様です。
しっかりお米を閉めることを心がけています。
    
日本酒通販酒蔵グルメ仕込み仕込み
仕込み
仕込みの様子です。
仕込み後約三週間から5週間でお酒が出来ます。
搾り
お酒搾りの一例です。 写真は大吟醸の搾りです。もろみを袋に詰め、その袋からポタポタ落ちた雫を斗瓶に詰めます。搾りたてのお酒は、酒蔵でしか飲めないおいしいお酒です。



TOPページへ

ページトップへ