私がきき酒王者です!

吉備津彦神社 秋祭り

10月18日、19日 地元の吉備津彦神社で秋祭りがありました。

夏祭りは、出店が出たり、花火が上がったりして、中学校の学区内の小さなお祭の割にはとてもにぎやかです。

秋祭りは各町内で山車をだしてお宮まで行き、お払いをしてもらって帰るだけです。

日曜日には、流鏑馬があり、結構観光客が集まります。

(山車がない町内もあります。また町内によってはお父さんお母さんが小さな店をして、次の日もお祭をするところもあります。)

この秋祭り、家の町内は山車を出して帰るだけですが、それだけのことに私はものすごい思い入れがあります。

それは・・・、

昔、家の町内には山車はありませんでした。

グーグルアースなどで調べてもらえばわかりますが、家の会社のすぐ裏には団地があります。

学校が終わってよく遊ぶのは、近いこともあって、裏の団地の子とよく遊びました。

そして、お祭の時期になると、高学年の子が山車に乗って太鼓をたたくための練習が始まります。小学校の友達は、みんなこの山車が出るのを楽しみにしていました。私も「山車に乗って太鼓をたたいてみたいな。」とすごい憧れがありました。

しかし、そんな状態ですが、実は裏の団地と、私の家とは裏のみぞを境に町内が違うのでした。

秋祭りの日は、いつも店番をしながら家の前を、裏の団地の友達たちが楽しそうに山車を引っ張ってお宮に行く姿を眺めていました。

私が小学校5年生になった時、町内のお父さんたちが集まって、家にあったおんぼろリヤカーに木で枠を作り、それに布を巻いただけのものに、樽神輿を乗せて山車を作ってくれました。

太鼓は家にあった小さな太鼓を木につるして2人で肩で担いでたたきました。

よその町内に比べると、見た目はとても貧相な山車でしたが、私には、その山車がとても誇らしいものに見えました。

このとき、私は手が痛くなるほど太鼓をたたき、声だけは他の町内に負けないよう、声がかれるほど精一杯の大きな声で「ワッショイ、ワッショイ。」とはやしたのを覚えています。

コメントする

名前

URL

コメント
花束名入れラベル酒
はじめまして!板野酒造場です。
DMカタログ無料請求
奉献酒特設ページ
大切なお客様の声

私がきき酒王者です!

日本酒通販・酒蔵グルメショップ 吟風店長

こんにちは!【きき酒コンテスト3年連続岡山王者】店長の板野です。私自身が魂込めて仕込んだ岡山のうまい地酒や酒蔵商品、珍しいラッピングした名入れラベル酒、岡山県グルメをぜひ一度ご賞味ください。
店長日記はこちら >>

日本人なら日本酒を!

日本酒のお得情報や、イベント情報を配信しています!

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 蔵祭り

FAX・スマホ・携帯から

(お休みはカレンダーでご確認下さい。)

花束ラッピング名入れラベル酒FAX用紙こちら

FAX番号は

086-284-2387

FAXでは24時間ご注文を受け付けております。

ページトップへ